ごあいさつ
理事長 宮崎 道忠

 この度、当法人の理事長職を拝命いたしました宮崎道忠でございます。
ご承知のごとく、当法人は、現在二つの社会福祉事業(児童養護施設「エリザベス・サンダース・ホーム」および認定子ども園「あおばと」)と、公益事業(隠れキリシタン資料館「澤田美喜記念館」)を運営しております。いずれの施設にても創立者 澤田美喜園長の子ども達を守る気迫に満ちあふれた愛と情熱の精神は、今なお生きづいております。この精神は澤田園長に続き役職を問わず当法人に奉職してこられた全ての皆様に引き継がれてきた訳ですから、拝命した職務の重さを鑑みれば私も当然にして身が引き締まる思いであります。従いまして、これからも本法人に関わる全ての皆様と共に力を合わせ、明るいエリザベス・サンダース・ホームを築いてゆきたいと願っております。


ごあいさつ
施設長 山田 和信
 
 この度、児童養護施設エリザベス・サンダース・ホームの施設長職という大任を仰せつかることになりました、山田和信と申します。日頃より、子どもたちのために厚いご理解とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。
 
 社会の中で自分らしく生きていけるように、子どもたちの明るい未来をともにつくる。そのために何ができるかを考え、理念を具現化するために実践を積み重ねてまいりました。長い歴史の中で、エリザベス・サンダース・ホームは支援活動を継続してきましたが、それは、決して当たり前のことではなく、人とひととがつながってきた証であるように感じております。子どもの福祉・育ちに関わる大事業を通して、私たちはつながっています。子どもたちの笑顔を支えに、その喜びを分かち合い、皆様とともに頑張っていきたいと思っております。