IMG_20141217_0001.jpg

1929年12月    岩崎別荘(後のホーム)本館新築

1946年10月22日  英国聖公会信徒エリザベス・サンダース女史、東京目白・聖母 病院に
         おいて逝去。
         日本聖公会の社会福祉事業に170ドル(当時61,200円)を遺贈。

1947年10月 1日  混血乳幼孤児収容施設設立発起人会が東京・築地・聖路加国際病院に
         おいて開かれる。
         上記170ドルを設立基金とし、同女史を記念として、新施設を
         エリザベス・サンダース・ホームと命名。澤田美喜、発起人代表と
         なる。

1948年 2月 1日  乳幼児エリザベス・サンダース・ホーム創立。
          澤田美喜、初代園長に就任。2名入所
    6月23日   乳児院認可 30名

1948年 4月 1日   養護施設認可、定員50名

1953年 3月16日   社会福祉法人エリザベス・サンダース・ホーム設立認可。澤田美喜
          初代理事長に就任

1953年 4月     学校法人聖ステパノ学園小学校開校。 澤田美喜、初代校長 に就任

1954年4月     チャリテイー公演のため、ジョセフィン・ベーカー女史が来日・来園。

1955年10月30日  昭和天皇・皇后両陛下ご来園

1957年 2月    パールバック女史、アメリカでの自立援助のため, 園児4名を引き取る。

1959年 4月    聖ステパノ学園中学校開校。澤田美喜、初代校長に就任

1959年 4月19日 英国聖公会カンタベリー大主教フィッシャー師、来園      

1961年10月   養護施設、協定定員制になる。
         神奈川県91名、東京都21名、横浜市28名、合計140名

1965年 4月   養護施設定員120名に変更

1967年 4月 ホームの花嫁第1号誕生

1970年 4月   養護施設定員100名に変更

1971年3月31日  乳児院廃止

1972年 5月   澤田美喜、勲2等瑞宝章受賞

1978年 2月 創立30周年

1978年12月   本館(旧岩崎邸)を一部取り壊し鉄骨造3階建に増改築

1980年5月12日 澤田美喜、スペイン・マヨルカ島パルマ市において客死。享年78歳。
       正四位に叙せられ、また大磯町から名誉町民称号を贈られる。

1980年 6月   エリザベス・サンダース・ホーム・チャプレン・司祭小室徳夫、
         第2代園長に就任

1980年 7月   エリザベス・サンダース・ホーム理事・松田フミコ、第2代理事長 に就任

1984年12年   卒園生・前田浩、日本聖公会横浜教区司祭に叙任

1987年 3月   法人付帯事業として、「澤田美喜記念館」の設置経営認可

1987年12月   「澤田美喜記念館」新築落成

1988年 2月   創立40周年
1990年 5月   創立者・澤田美喜、逝去10周年。創立者の最後の夢であった
        「リトリート・ハウス」完成

1992年 5月   横浜高島屋において「澤田美喜展」開催入場者数27,127名

1993年 4月   園長・小室徳夫、エリザベス・サンダース・ホーム第3代理事長に 就任

1997年 4月    エリザベス・サンダース・ホーム理事・澤田信一、第4代理事長に就任。
        松村智、第3代園長に就任

1998年 4月  創立50周年  久保田伊作、第4代園長に就任

2001年 4月   藤村美津、第5代園長に就任

2002年11月6日 天皇・皇后両陛下ご来園

2003年 4月  エリザベス・サンダース・ホーム理事・小笠原忍第5代理事長に就任

2004年5月   エリザベス・サンダース・ホーム 後援会発足

2008年2月   創立60周年

   8月   フジテレビ「家路」放送(卒園生の今を追った記録)

2009年3月  テレビ東京 〜トンネルの向こうは僕らの楽園だった〜
       「澤田美喜の子どもたちはいま」放送 

2009年5月   山の上の児童寮2棟4寮と本館棟の落成。

2010年5月   澤田美喜没後30周年記念礼拝

2011年4月   石井健一 第6代施設長に就任

2013年4月   エリザベス・サンダース・ホーム理事・峯島紀子第6代理事長に就任 

2014年3月   澤田美喜記念館 リニューアルしてオープン

2014年4月   エリザベス・サンダース・ホーム理事・小川正夫第7代理事長に就任 

2016年4月   認定こども園「あおばと」が開設されました。

026654.jpg