NEWSお知らせ

ご家庭や会社でご不要になった不織布マスク、スポーツマスクをエリザベス・サンダース・ホームへご寄附いただけませんでしょうか?

先日のテレビニュースで未使用の不織布マスクが、消費が進まないまま倉庫に大量の在庫となっている報道がありました。
私どもの児童養護施設では、「脱マスク」が進みだしているとはいえ、大勢の子どもたちが集団生活を行っている関係上、コロナ感染防止のため毎日不織布マスクを着用させています。
今年は異常気象により6月末には梅雨が明け、これから長く厳しい夏の季節となりました。そのため、マスクが汗で汚れ、交換する回数も非常に多くなり、子どもたちのマスク消費量はますます増えてきております。
現状、私どもが保管している不織布マスクは子どもたちの人数分を確保してはおりますが、決して十分な数量とはいえず、頻繁に買い増しをしている状況です。また、子どもたちが運動する際に着用するスポーツマスクも、繰り返し使用しているため消耗が激しく不足しています。
つきましては、ご家庭や会社でご不要になった不織布マスクやスポーツマスクがございましたら、私どもへご寄附をいただければ幸いです。
皆様の温かいご支援を心よりお願い申し上げます。
エリザベス・サンダース・ホーム 施設長
お問い合わせ先:神奈川県中郡大磯町大磯1152 社会福祉法人エリザベス・サンダース・ホーム 児童養護施設 石井、山田
電話番号:0463-61-0007  ファックス番号:0463-61-7000  e-mail: info@elizabeth-sh.jp